ライブラリー設立のご挨拶



ライブラリー設立のご挨拶

このたび静岡県伊東市に〈癒しと憩いのライブラリー〉なるものを設立する運びとなりました。

 設立の背景には<癒しhealing>や<憩いrelaxation>にたいする人びとのニーズが高まる一方であり、その2つのテーマに特化した私設図書館があれば、多くの人のお役に立てるのではないかという社会的な理由と、わたしたち自身の自宅やオフィスの書棚が、ご多分にもれず蔵書で溢れ返り、その対処に困っているという個人的な事情がありました。

 古書店に引き取ってもらっても、これらの分野の書籍は二束三文にしかならず、しかもせっかく収集した蔵書が散逸してしまう無念さも手伝って、ついつい本棚をはみ出し、床や階段に積み上げる始末になっているという後者の事情については、わたしたちのみならず、皆さまにおかれましても大同小異ではないかと拝察いたします。

 そこで、広く皆さまから右の分野にかんする蔵書をご寄贈いただき、分類・整理・データベース化・保管をして、その分野に関心を持つ多くの人たちにご利用いただくことはできないだろうかと考え、同ライブラリーの設立を発案した次第です。

 幸いこの発案を、伊東市にある老舗ホテル「サザンクロスリゾート」のオーナー北村重憲氏が諒とされ、同ホテル関連会社「カルクナーレ株式会社」がライブラリーの管理運営を担ってくださることになりました。

 富士山と相模湾の絶景に恵まれ、ゴルフ場・温水プール・源泉かけ流し大浴場・トリートメントルーム・レストラン・コーヒーラウンジなどが点在する広大な施設の一角に、ささやかではありますが、日本ではじめての〈癒しと憩いのライブラリー〉が誕生する準備が整ったのです。つきましては、みなさまの愛蔵書のうち、「必要が生じたら、骨休めをかねて伊東のライブラリーに行けば、いつでも読める。とりあえずは手元に置かなくてもいいか」と思われる関連書籍をぜひご寄贈いただきたく、お願い申しあげる次第です。

 もちろんわたしたち自身も、とくに、<癒し>関連の書籍を思い切って大量に寄贈するつもりでいます。けっして先が長くはないわたしたちは、自分がこの世からいなくなっても愛蔵書が長くライブラリーに置かれ、人びとに役立つと考えると、むしろふしぎな安心感すら感じているところです。

 ご寄贈いただいた書籍は当ライブラリー独自のカテゴリーに従い、分散して書棚に置かれることになりますが、皆さまが寄贈された書籍のそれぞれがどのカテゴリーの、どの棚に納まっているのかは、ホームページ上で確認することができるようにするつもりです。ご来館いただき、閲覧される際のご参考としてご利用ください。

 図書の選択基準、ご寄贈の手順などにつきましては該当ページをごらんください。〈癒しと憩いのライブラリー〉は読者と著者がつくる私設図書館です。皆さまのご理解とご協力を得て、地道に手探りをつづけながら、少しずつ充実したライブラリーに育てて参りたいと願っています。どうぞご一考のほど、重ねてお願い申し上げます。

                                                       名誉館長 帯津 良一

                                                       館 長   上野 圭一